top of page

ロボットによるシニア介護の生産性向上に向けて、自動運転ロボット車椅子「PathFynder」の実証実験を介護付有料老人ホームにて実施

2023年2月6日


拡大していくシニアの介護を、ロボットを使って生産性を高めていく取り組みの一環として、国内で初めてUBTECH社(本社:中国深圳)の自動運転及び運転アシスト機能を持つロボット車椅子「PathFynder」の実証実験を株式会社ツクイが運営する介護付有料老人ホームであるツクイ・サンシャイン相模原(神奈川県相模原市)にて実施しました。当実証実験は、神奈川県が主催する令和4年度後期公募型「ロボット実証実験支援事業」として実施されました。







ロボット車椅子「PathFynder」の概要


メーカー:UBTECH

寸法:982.5*692*890 mm

材質:アルミ合金,シームレス鋼管,ABS

重量:49.5kg

移動速度:最大:1.2m/s;最小Min:0.1m/s

商品詳細:

自動運転動画:


実証実験の概要


神奈川県による公募型「ロボット実証実験支援事業』の一環として、株式会社ツクイ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 高畠 毅)の協力のもと、介護付有料老人ホーム「ツクイ・サンシャイン相模原」にてPathFynderの実証実験を行いました。


目的:PathFynderの介護施設での有用性を検証

場所:ツクイ・サンシャイン相模原 神奈川県相模原市中央区富士見1-5-3

日付:2022年12月23日

対象者:ツクイ・サンシャイン相模原の施設入居者6名 男女72歳~93歳

内容:

①自動運転モードによる自動移動(エントランスから食堂まで)

②手動運転モードによる手動での移動


入居者からのコメント

「手動モードのジョイスティックが操作しやすい。右半身がマヒしているが、指先だけで簡単に操作、移動することができた。障害物検知モードがあるため、人や物にぶつからないことが安心できる。移動中も大きく揺れることなく、乗り心地もよかった」


施設スタッフからのコメント

「車椅子をご利用の方との外出の場合、後ろから手押しで付き添うケースが多いのですが、PathFynderは自動運転モードがあるので、近い将来お客様と並び、顔を見ながら屋外の散歩を楽しむことが可能になるかもしれませんね。」

「前輪のタイヤが工夫されており、その場で旋回できるタイプになっているので、エレベーターの中や狭い部屋の中でも方向転換ができるのは魅力的」


株式会社ツクイの概要


1983年に介護事業を開始し、現在全国で500ヵ所を超えるデイサービスを運営し、月間48,000名を超えるお客様にご利用いただいています。これは、事業所数・お客様数ともに業界でNo1です。デイサービスを中核に、在宅介護サービス(訪問介護、訪問入浴、訪問看護、居宅介護支援、他)、居住系介護サービス(介護付有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、その他の住まい)を展開しています。



bottom of page